【予告編】松代大本営

こちらは予告編でございます

長野県長野市松代町には第二次世界大戦末期、天皇のもと戦争を指揮する最高機関である大本営を移転する計画が進められていました。それが今回映像作品となった大本営等予定松代地下壕群、通称「松代大本営」です。1944年から、松代町の象山、舞鶴山、皆神山の3つの山に地下壕等が造られ、76年経った今も約10キロメートルあまりの巨大な地下壕がそのままの姿で残っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です