【予告編】マリアのへそ

こちらは予告編でございます

マリアが大好きな時間…それは家族で囲む路上の食卓。夜、歩道のベッドで母さんの夢をみる。21世紀のネオリアリズム映画の誕生

ドキュメンタリー映画「ハルコ」(2004)で母と子を描いた野澤和之監督の劇映画第一回監督作品。2004年、在日朝鮮人女性の壮絶な人生を描いたドキュメンタリー映画「ハルコ」の野澤和之監督が、今度は、フィリピンのマニラの路上で実際に生活する子供たちを主人公に起用して、優しさあふれるヒューマンストーリー・ムービーを誕生させました。

この作品の子供たちは、すべて本物の路上生活者か、以前そうした生活をしていた子どもたち。学校へも行けず、文字も十分に読めない子供たちです。映画は、オーディションで選ばれた3人が兄妹役となり、大都市マニラの片隅で生活する姿をリアルに、静かに、そして優しく描いていきます。そんな彼らを援助する教師ブッチ。彼も、現実の彼自身を演じています。毎日、路上生活者たちが暮らす通りを歩き、食べ物を与え、話を聞き、相談に乗る毎日を過ごしています。本作品は、野澤監督の映画制作企画趣旨に賛同いただいた500名余りの人々の支援のもとに完成いたしました。

「子供達には必ず明るい未来がある」

この映画のテーマこそが、すべての人々の願いだと信じます。